梅中給食0001.jpg 梅中給食0004.jpg  梅中給食0002.jpg    梅中給食0003.jpg 

本日は校医をしている近くの中学校の「かみかみお弁当」の日でした。

普段、お昼ごはんは給食が多い福岡市内の中学校ですが、梅林中学には1学期に一度

お弁当を持ってくる日があるそうです。それも、できれば自分で作るお弁当。

この日ばかりは早起きして作るお子さんが多いのでしょうね(^^♪。

 

 この話を春の歯の検診に伺ったとき、養護の松本先生にお聞きした時から

とても楽しみにしていました。

中学生の考える「かみかみ」メニュー。しかもそれを実際に作ってお弁当に入れる…。

 事前に少し家庭科で練習したり、献立のヒントはあるようですが、かなり難しいことです。

そんな私は、お弁当に作ったものを入れるのが苦手(ーー;)。彩りを考えたり、

隙間を埋めたり、おかずのバランスをとったり…。難しいですよね。

 子供のお弁当を作っていると、その最後の詰める作業でどっと疲れます。

 

今回の梅中の皆さんのお弁当、すばらしかったです。

ごぼうや人参のきんぴら、アスパラをベーコンやお肉で巻いたもの、切干大根、季節柄とうもろこしなども多かったように思います。

れんこんを使っていた方も多かったです。先生方がちゃんと指導されていることがよく分りました。

 

本当に美味しそうなお弁当と、楽しく食べている若者を見て、うらやましく思いながらもおなかがすいた見学でした。松本先生、お世話になりました。また呼んでくださいね。