11月18日の日曜日に博多駅前の朝日ビルにて、愛知県でご開業の尾張矯正歯科 所長の渡邉先生の

「不正咬合は万病のモト 小児矯正のイロハ」とういうセミナーを受講して来ました。

当院からは院長と歯科衛生士の藤田さん・吉木さんの3名で受講です。

渡邉先生は矯正専門医ですが、術後の後戻りに頭を悩ませていたそうです、そこで舌機能の訓練や態癖の指導を徹底することで劇的に改善が見られたそうです。

当院でも、舌の訓練や態癖の指導等は行っていますが、より積極的に指導していきたいと思いました。

 また、成長期の出っ歯のお子さんや受け口のお子さんとってより効果的な装置の紹介もあり、今後当院でも適応と認められる患者様には使っていきたいと思いました。

BJA.jpgRTT.jpg