9月2日(日)に、歯科衛生士の藤田と受付/管理栄養士の迫田で広島市内で行われた、みんとの会主催の「食育&小児歯科保健指導セミナー」を受講して来ました。

講義と調理実習があり、講義では栄養バランスの良い食品や摂り過ぎ注意の食品などについて、また小児の仕上げ磨きのコツなどを学びました。

食育セミナー
調理実習では、他の受講生の方と協力し、食育を意識したメニューのチキンの春巻き、人参シリミリ(沖縄料理)、豆と玉ねぎのサラダ、高野豆腐とワカメのすまし汁、アーモンドちんすこうを作りました。

ご飯も、普通の白米ではなく、玄米、三分づき米、七分づき米、煎り黒米ご飯の4種類を食感の食べ比べをしました。

藤田も迫田も歯ごたえのある玄米が1番好きでした。

正常な顎骨の発育には、食育指導も欠かせません。

これからも、もっと皆さんに色々な事を教えられるよう、さらに勉強していきたいと思います。