Q1.歯周病と糖尿病は関係が深いって本当ですか? 

A1.『全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない』―ギネスブック2001。

実は糖尿病と歯周病も、持ちつ持たれつの、迷惑この上ないパートナーなのです。
いや、むしろ歯周病は糖尿病の合併症のひとつと考えるべきかも知れません。アメリカ歯科衛生士協会(以下ADHA)の発表によると糖尿病者の95%に歯周病があるといいます。糖尿病による高血糖、高インスリン血症が太い血管も毛細血管も傷つけて、いろいろな合併症を引き起こすのですから口腔内も例外ではありません。

それどころか歯周炎があると血糖コントロールが難しくなって、更に糖尿病を悪化させることが分ってきました。まさに悪循環です。
最近では歯周病の治療をしたらインスリンが減った事例が報告されています。

恐ろしいことに歯周病のバクテリアが血液の中に入って全身を流れていることも分りました。歯周病のある人は2倍も心臓病のリスクが高いのです。バクテリアが心臓の冠動脈に炎症を起し、血圧や心拍、また血栓を作りやすくするなどとても悪影響を及ぼすのです。糖尿病や心臓病の外にも抵抗力の落ちた人に肺炎を引き起こし、歯周病のある妊婦は7倍も早産のリスクが高いそうです。